HOME > 和田地区地域情報 > 町名の由来 > 天龍川町

町名の由来

天龍川町(てんりゅうがわちょう)
浜名郡和田村が市に合併後、同村の大字であった橋羽は一旦市の大字となったが、翌年天龍川町という新しい町名として発足した。発足時に大字薬師の一部もこの町に入った。

橋羽は、江戸時代から明治22年までの長上郡橋羽村で、村内を東海道が東西にぬけていた。『東海道宿村大概帳』によると、村内を通っていた東海道の長さは五町余(約550m)で、このうち三町余(約330m)にわたって家並みがつづいていたとあり、あとは松並木であったと記録されている。東海道沿いの村で、宿場以外で三町も家がつらなっていた村は珍しく、茶店の一軒くらいはあったであろうから、旅人にとっては憩いの里であったことだろう。

かつてこの辺りは、天竜川の分流が水帯をみせていたところで、古い時代から旅人の往来があったことから、流れには橋が架けられ「橋場(はしば)」といわれていた。それが橋羽に訛ったといわれている。

その橋羽を「天龍川町」としたのは、東海道線天竜川駅のある町であり、世間的にも天竜川の名称の方が、町の位置関係を示すのに適していることからと考えたからである。

県の天然記念物に指定されている「法橋の松」がある。